○ジェネリック医薬品って何??

新しい医薬品が開発された際には、開発した製薬会社がその医薬品を真似されないように特許を取ります。新薬の開発には10年〜15年もの期間が必要で、開発費用は約500億円を超えると言われていますので特許を取るのは当然です。ですが特許期間は20年から最大でも25年とされており、特許期間が切れると各製薬会社が同様の医薬品を製造します。そうして作られた医薬品の事をジェネリック医薬品と言います。ジェネリック医薬品はもともとの新薬と有効成分が同じですので同様の効果もあります。その上、すでにある新薬を真似して作るわけですから3年未満で開発され数千万円の開発費用で済んでしまいます。その結果、もともとの新薬と有効成分も効果も同じものが新薬より安く買えてしまうというわけです。